2012年06月02日

展示告知と雑談

まずは告知

MITSUKOSHI×Rontgenwerke projects #3 「JIZAI 満田晴穂自在置物展」 


2012年7月18日(水)〜31日(火) 

東京 日本橋三越本店工芸サロン http://bit.ly/an9DaI


まだ先なんですが一応。もう少し近づいたらまた告知しますね。



「進化と伝統・工芸と昆虫」

工芸の世界では「伝統を守る」と言うことは当然のように大切なことで、無くしては存在自体が成り立たなくなる物の一つです。
ただ、守って行くだけでは発展は望めず、そのために衰退し歴史上の物となった工芸は数知れず。
新しい職人は先人の知恵と技、伝統を守りなお且つ進化を止めてはならない。
生き物の「進化」も同じなのではないか、環境に順応し自らに工夫を凝らし種の発展に繋げ、行きすぎた者は「奇形」と呼ばれる。
自分のしていることが「進化」となるか「奇形」となるかは歴史が決める事のような気がする。

ちなみに昆虫(虫)がここまで多種多様な進化をして地球上で繁栄している理由の一つに「進化の速さ」があるという説がある。
どういうことかと言うと、寿命が短い代わりに成長スピードと一度に産む子供の数が多い。
要するに一生のサイクルが早い分だけ進化のチャンスがあるということです。

。。。その短い命の副産物の上に多様な進化がある。。。

とかね〜かわいい
posted by ハルヲ at 00:30| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月23日

サワガニ制作開始


っというわけで、準備を着々と・・・途中の作品を完成させずに未完成をざくざく増やしています(苦

以前からリクエストがかなり多く寄せられていた「カニ」の第一弾で「サワガニ」を制作開始しました。

四月のスパイラルでの展示に出した「青大将」に続き伝統的モチーフなのがチョット嫌なんですが・・・・っと作り始めたらこのモチーフの面白い事面白い事。作ってるのが楽しくてしょうがないです。

「蟹」は妙珍のものでもなかなかクオリティーの高いものが多いので、負けないように気合いが入ります。

サワガニ 自在置物



あと、個展用に桐箱を大量に焼き印しました・・・・・

山・・
桐箱


くらくらする・・・・・
posted by ハルヲ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月09日

タイコウチ制作

というわけで、個展の準備もりもりしてますかわいい


個展の告知はおいおいしまして、今回は皆大好きタイコウチ〜

タイコウチ 自在置物


まだ全然途中ですがもうカッコいいですよね〜やっぱり空蝉の時もそうですが、前足の鎌!鎌!!

男の子は総じてウェポン好きですんで(偏見)こういった前足はたまらないですな〜。



今回は制作姿勢の話ですが、
よく『お尻に火がつかないと動けない』人って多いと思いますが、特に作家って言うか表現者ってこのタイプが多いんですよ。理由は多々思いつきますが自分の胸に聞いてみましょうか(笑)

んで、もともと自分は夏休みの宿題はぎりぎりまで手をつけれないタイプの人間だったのですが、金属をいじるようになってからちょっと変化が現れました。というのは、締め切りまでに余裕を持って終わらせる人間になったってことです。もっと言うと「締め切り前に余裕を持って終わらせて一人悦に入る人間」になりました〜かわいい
ので逆に展示開始の半年前からずっと間に合わせるために緊張していることになって、これはこれであんまり精神的に良くはないですが・・・

ただ、予定とおりに進めて一人ドヤ顔で展示前一週間すごすのはたまらなく気持ち良いので、それはお勧めです

アチシの場合机に虫広げて一日中ニヤニヤしてたりしてます(しあわせ〜〜)

でわ
posted by ハルヲ at 01:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月23日

歯車萌えと月刊美術


というわけでまぁ色々〜な巡り合わせによりちょっと前に雑誌の取材に行ってきました

皆様ご存知の「月刊美術」という雑誌ですかわいい

今回の取材は上野の紹介で「美術家と行くアートな上野」と言う企画で「大名時計博物館」を見学するのにお邪魔させてもらいました♪

六年間上野に通ってながら全然上野を知らないので、もちろんこの「大名時計博物館」も恥ずかしながら初めて行きましたすみません。。
ので楽しかったっすね〜〜

w-IMG_2343.jpg


この顔は決め顔でも狙い顔でもなく割と本気で夢中になってみてる顔ですね(笑)まさかこんな顔で夢中になっていたとは・・・

まぁ詳しい内容は是非書店にてお求めください〜〜。

月刊美術5月号「アートでめぐる上野遊山」

上野に興味のある方や芸大生なんかは興味のある記事ばかりなので絶対面白いと思います。

w-IMG_2345.jpg


あとは先日のスパイラルでの展示「巧術」でのレビューで紹介いただきました〜。
超時空芸術家・・・・・って某要塞ですか?(笑)


でわわ〜

あ!月刊美術のリンクです
『月刊美術』http://www.gekkanbijutsu.co.jp/



posted by ハルヲ at 22:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月17日

カナブン制作 「羽の開閉」


というわけでカナブン制作つづき

4年くらい前に作ったカナブンが羽の開閉も出来るように作っていたので。というか羽の開閉のリクエストもあったし・・・。

なので、まぁカナブンなら良いかってことで

自在置物 カナブン制作

カナブンをよく知らない方は「なんで上の羽は開いてないの??」と思うでしょうが、カナブンはもともとこのように上の羽(前翅)を開かないで、少しだけ隙間を作ってそこから羽を出して飛びます。




それと、実は基本的には羽の開閉は作らない事にしてまして。。

なんでアタシの作品は羽の開閉をしないかと言うと〜

明治の自在置物を見ればわかると思うのですが、羽を動かすように作ったせいでガジャガジャとまとまり(というか塊感?)が欠けてフォルムが崩れているのがよくわかります。なので基本的にはあまり羽は動かしたくないのです。

それと、これは作業上の問題ですが、ノコギリクワガタなど大きなものをのぞく小さな昆虫を制作する時に、あの小さなボディに薄羽(後翅)を収めるのが難しいんですよね〜・・大きいなら問題ないんですがねいい気分(温泉)

まぁそのうちノコギリクワガタあたりでやってみますモバQ


おいおい

posted by ハルヲ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月13日

カナブン制作


「蠱惑」展 お越し下さった皆様ありがとうございました。なかなか評判も良かったようでコレも皆様のお陰でするんるん


展示中はと言うと。。。せっせとカナブンを制作開始してました。

自在置物 カナブン

『オレ展示始まって一息つきたいのに怠けないで作業スゲーしてるじゃん〜偉〜い』って一人悦に入るのが大好物でして♪♪




どうしてここにきてカナブンかと言うと、かなり初期の作品にあるのですが久しぶりに見たら「もうちょっとできるな」て感じだったんですね〜。さすがに多少は腕も上がりましたしね。

と言う訳でリベンジ(?)です

posted by ハルヲ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月01日

蠱惑

というわけで、前の日記でも紹介しました展示が本日から表参道スパイラルにて
「蠱惑」開催しました。

オープニングパーティーでは知り合いやFBなどで興味を持っていただいた方も駆け付けていただきありがとうございました♪

おかげ様で大盛況でした。
あまり話せなかったお客さんはすみませんす
自在置物 蛇


展示では写真の「自在青大将」と「自在黄金蜘蛛」を展示してますのでお時間ある方はぜひぜひぜひ
ちなみに蛇の目が赤銅で出来てるのがポイントでして♪



posted by ハルヲ at 00:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月22日

蜥蜴の尻尾自在置物(ウソ)

というわけで完成しました「蜥蜴の尻尾自在置物」です〜〜〜

自在置物 アオダイショウ

ウソです・・・ずっと作っている蛇の尻尾の部分ですかわいい  結構尻尾だけで可愛いと思います♪

知ってました?? 蛇も当然ながら尻尾があります。全部が尻尾みたいに見えますが、裏を返すとはっきり胴体と尻尾に違いがあるので、あぁココから尻尾なんだと分かります。

あとは、これも気がついてなかったのですが胴体って頭に近い方が太くて、尻尾に近づくにつれ細くなって行くと思ってる人が多いと思いますが、実は尻尾手前(人を蛇に例えて脚の裏が尻尾の先だとすると、お尻か太もも辺り)が一番太くなってます

モチーフを観察していると、完成する頃にはまぁまぁ詳しくなってるのを毎回楽しんでたりします眼鏡

おまけ「今日の左手」
yubi.jpg
(フレミングの法則では無い)

銅や真鍮で、一日中削り出しの仕事をしていると指が緑青ふきます。夏は手のひらまで真緑になります
posted by ハルヲ at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月11日

セミの抜け殻完成

っと言うわけで

自在置物・セミの抜け殻【空蝉】【蝉脱】〜題名はまだきちんと決まってませんが完成しました♪



この作品は壁にも刺して展示ができるように脚の付き方(動き方)に普段とは違う付け方をしました。

・・・と言っても、この手の工夫は作者くらいしかわからないし、聞いたところで「はぁ…そうですかぁ」みたいな反応が目に見えるので・・・ね・・・。

自在置物 セミの抜け殻




んで、展示があります

「蠱惑-巧術其之参(こわく-こうじゅつそのさん)」
表参道・スパイラル

3/30〜4/8

前夜29日20:30よりオープニングパーティ。


万障お繰り合わせ、お誘い合わせで是非青山スパイラルへ御来駕下さい。
http://t.co/MzDKp56C



でわ
posted by ハルヲ at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月27日

オニヤンマのヤゴ

っというわけで、家の近所のドイトに入っている熱帯魚ショップには本当に変なモノばかり置いてありまして。

なぜか熱帯魚よりも甲殻類に重点を置いているようです眼鏡


各種水生昆虫(ゲンゴロウ・クロゲンゴロウ・ミズカマキリ・タイコウチ・コオイムシ)

テナガエビ数種、外国産のカニ

巨大ダンゴムシ

などなど、潰れないか不安になるラインナップです。

そして今回、ワゴンセール(?)で80円でオニヤンマのヤゴを購入しました。安過ぎでしょう

オニヤンマ ヤゴ


持って帰って即冷凍庫かと思ってたんですが、もう一回くらい脱皮するかも??っと飼育開始・・・

右のメダカは餌に入れたのですがなぜか食べずに、落ち着かない様子・・・。なので土入れてみました手(チョキ)


オニヤンマ ヤゴ


すぐに土に潜ってハンティング体勢♪一安心です♪



・・・・・って愛着湧いちゃってます。冷凍庫に入れれるのか??

posted by ハルヲ at 09:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記