2011年01月18日

ナナフシ完成

110118_213028.jpg


と言うわけで、こいつも昨年末に完成する予定だったナナフシです。

近年の作品の中では最大のサイズですね(約17cm)

それでも金工作家の作品の中では全然小さいのですがね〜。

これでようやく制作においての新年のスタートを切れるってもんです♪

あ! そういえば本日1月18日はアタクシの誕生日でやんして、この作品はアチシと同じ誕生日になっちまいましたね〜

ちなみにこのナナフシは銅に硫化で、その上から緑青を吹かして仕上げてあります。

でわでわケーキでも食べて来まーす♪
posted by ハルヲ at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月11日

フナムシ完成

110111_184012.jpg

というわけで去年完成する予定だったフナムシが完成しました♪長かったー アタシ的には少し強度に不安があるけど、まぁ美術品として普通に扱っていただければ壊れることはないでっしょう〜


モチーフのフナムシは結局何回もアトリエの机に出しっぱなしで帰ったせいでカラッカラに縮んでしまいましたw


こいつが大量にいるところを想像するとたまりませんなぁ 池内さ〜ん〜例の作戦のためのブツを♪

お楽しみに♪♪


・・・あぁ ナナフシも組まなきゃ・・・
posted by ハルヲ at 18:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月04日

ネオ リアリズム

 ということで 今年もよろしくお願いします。

今年の目標は一カ月に一種類、一年で12種の作品を完成させる。になりました〜

もし達成できないと、家の水槽の水で紅茶を入れ飲む罰ゲームが待ってるので頑張ります。



報告遅れましたが展示中です。

展示 「ネオ・リアリズム −新たな時代の空気−」

渋谷東急Bunkamuraのギャラリーで行われているグループ展です




ネオ・リアリズム −新たな時代の空気−
会期:2010年12月29日(水)〜2011年1月10日(月)※1/1のみ休廊 
※年末年始の営業時間 12/31・1/2・1/3は18:00 CLOSE
場所:Bunkamura Gallery
営業時間 10:00〜19:30 入場無料

出品予定作家
青木克世(セラミック)、石川結介(アクリル画)、石黒賢一郎(油彩)、Kwon Kyung Yup(油彩)、小森南(ミクスドメディア)、佐藤好彦(彫刻)、塩谷亮(油彩)、龍口経太(日本画)、ねがみくみこ(彫刻)、平林貴宏(日本画)、古井智(油彩)、満田晴穂(彫刻)、三輪途道(木彫)、山口英紀(日本画)、山本隆博(鉛筆)、横野健一(レリーフ)ほか

だそうです。

報告遅れ申し訳ありませんす。


posted by ハルヲ at 13:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月22日

フナムシ仮組み



ということでもう今年もあとわずかです。

フナムシは少々アクシデントがありながらもこんな感じに気持悪く仕上がってまいりました♪

60783787_org_v1292917213.jpg

脚の感じがなんとも言えませんねかわいい

でもどうやら年内に完成はしなさそうです。残念モバQ


この前、兄と「世界5大珍獣」について語り合っていたのですが。あ ちなみに五大珍獣は、ジャイアントパンダ、カモノハシ、コビトカバ、ボンゴ、オカピ、なのですが、

ジャイアントパンダ・・かなり不思議な白黒の体色の巨大な熊、しかも笹とか食べてるし、まぁ珍獣。

カモノハシ・・君は結局なんなの??くちばしあるし、水かきあるし哺乳類なのに卵産むし、珍獣。

コビトカバ・・小さすぎるカバ・・・でも小さいだけ。。小さいだけなら他にもいるし珍獣??

そして問題の
ボンゴ・オカピ・・彼らにいたってはタダのキメラ(キマイラ)的要素なだけであって、足がシマシマなのがそんなに不思議かしら?? シマウマあっての不思議さでしかないような・・むしろ全体がシマシマな体色のシマウマの方が凄いのではなかろうか。。レア度が低いからってあんまりだわもうやだ〜(悲しい顔)


という話を紅茶をすすりながら鼻息荒く談義する素敵な家族でした〜眼鏡


でわでわ

あ  何やらコメントが送れない方がいらっやるようで・・折角書き込んでいただいたのに申し訳ありません。。原因は不明でして。。


posted by ハルヲ at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月15日

フナムシ制作

101215_204743.jpg

というわけでもう年末です

さすがに寒くなってまいりました〜

フナムシの脚は想像以上に億劫です。 「何で?ムカデの方が脚多いじゃん?」て意見がちょいちょいありますが。 少し無駄なこだわりを出したせいで(無駄じゃないか)ムカデと脚の作りを変えまして、そのせいで結構大変で〜す。


どうでも良い話ですが、ラーメンて料理って感じじゃないですよね?どっちかって言うと調合・・・


でわでわ もちょいがむばります〜。
posted by ハルヲ at 21:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月06日

ガムシ仮組み

101204_204032.jpg


ということでガムシの仮組みが終わりました♪

最近はモンハンも発売し誘惑と戦いながらもちゃんと作業してるよアピールです♪


このあと微調整して、ピッカピカに磨いて〜


完成が楽しみ♪
posted by ハルヲ at 18:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月27日

ナナフシ制作

101127_190019.jpg

というわけでナナフシが出来上がってまいりました。

何というか作業が大変でした。と言うのも、アタシの作業においてメインの技法が「打ち出し」と「削り出し」の二つなんですが、こういう細いシルエットのモチーフは「削り出し」で作っていきます。

一応説明しておきますと「削り出し」て言うのは、銅板だとかをヤスリで削って形にして行くことです。


んでアタシは削り出しがあんまり好きじゃないんですわ。

なんと言っても
削り出しは金属を削って減らしていく仕事なので、失敗して削りすぎたらアウトなんです。

なので

削りすぎは許されない!

慎重になる

慎重に削る

慎重に削る

慎重に削る

慎重に削る

ラチがあかなくてチョイと強引に削る

削りすぎて失敗する

・・・・・・(泣)


ていう黄金パターンが大好物(苦)


だから嫌いでーす♪



あと、この前バイクでアトリエに向かってる最中に信号にてチビッ子に
「おばけー!!」
と指差されました

おそらくヘルメットがミラーカラーのバブルシールドだからだと思いますが。

幼稚園のころの夢が30才にて叶いました

幼稚園のころの将来の夢は・・・
ちょうちんお化け

になることでしたーあははは
posted by ハルヲ at 19:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月20日

ナナフシ制作+パヒューム


と言うわけでお久しぶりです。

なんで日記書かないかって・・・毎日がそんなに変わらないからでして・・すみませんモバQ


なにか変り物を作ろう♪という事でナナフシを制作開始しました〜

まずは頭です。

これは打ち出しのパーツを何個か組み合わせてロウ付けです。因みに頭部は小さく、3mm位しか無いです。小顔美人ですな黒ハート


web-IMG_2081.jpg



んで、今宵は先生であり友人でありパヒューム狂の草野氏の誕生日でんす。

のでプレゼントを用意しました〜



パヒューム パラモデル


パラモデルという商品で、好きな写真をシールにして貼り付けれるプラモデルです

それにパヒュームの最新曲の服を着せてパッケージのポーズをとってもらいましたですな。



いくつになっても、バカな事を全力でするのは楽しいでぇ〜〜すかわいい

それではまた・・・

っと
実は明日まで、アートフェア、+プリュスにレントゲンから展示させていただいてます。お時間あれば是非。(そういう告知をしなさいってね・・えへへすみません)

posted by ハルヲ at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月04日

ガムシ制作+忍者の話し

101104_160417.jpg

お久しぶりです

というわけで、「ガムシ」が良い感じで出来上がってきました。

このガムシの標本はアトリエ仲間の中本氏が栃木だか何処だかで捕まえてきてくれたもので、数日のあいだ中本氏が飼っていて、

「いやー可愛くてかなり愛着わいてきましたよー♪カワイイ〜カワイイ〜ちゅっちゅっ」


と、やってる所を強引に奪い取って冷凍庫に入れたものです(笑)


なので責任を持ってしっかり作らせていただきます。(まぁいつもしっかり作ってるので、たいして変わりませんが・・・)




今回の面白小話は、日本人と忍者について。

先日、根付け師の前田さんの話しをちょっと。


この前田さんは外国人の知り合いが多く、この時も海外から日本に来たアメリカ人?の男性を一年間くらい一緒に遊んだり、案内したりお世話したりしてたそうです。

んで一年がたち、いざアメリカに帰るときに

米・「最後に一つだけお願いがある」


前田・「なになに?あらたまって今更どうした?」


米・「手裏剣の投げ方を教えてくれ」


これにはビックリして、日本にはもうそんな文化は無いし、自分はそんなのは知らない。と力説したそうです。

そしたら・・・


米・「おまえもか?・・・お前も秘伝は教えられないと言うのか!こんなに仲良くなったのに!!」


とキレられたそうです(笑)



いやー、いまだに海外からはそんなふうに思われているんですね。日本人は皆、忍者か空手家で秘伝の技を隠し持っているて・・・
posted by ハルヲ at 16:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月25日

カタビロオサムシ完成♪

101025_203509.jpg

カタビロオサムシ完成しました。

結局カタビロオサムシなのかエゾカタビロオサムシなのかまだわかってないのでこれから調べようと思います苦。



今年の頭にアトリエに遊びにいらした彫金師の泉先生と根付け師の前田さんと先日目黒で飲みました〜。

そこでいまさら判明したのですがこの方、TVチャンピオンの器用さチャンピオンだそうです!!すげー!

自分も器用さには自信がありますが、いやー類は友を呼ぶというか・・・

それにしても凄いなぁ〜♪
posted by ハルヲ at 20:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月22日

カタビロオサムシ制作

101022_001616.jpg


というわけで池内さんに葉っぱ(発破)をファサファサさかけられたのでカタビロオサムシを組み上げちゃいます♪

ココから微調整して組み上げていくのですが、アタシが制作している中で一番楽しい時間で、ここでクオリティーの高さが決まります(でも完成が見たくなっちゃって我慢できなく完成させちゃうんですが・・・)

明日からはまた妖怪の町、鳥取の米子に行ってきます〜


心にいつまでも引っ掛かっている水木シゲルの一言。
「昔は家の中でもどこにでも暗がりに妖怪はいた。蛍光灯が妖怪を殺したのだ」


良い言葉ですよね〜
posted by ハルヲ at 00:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月18日

フナムシ制作02 +水槽



というわけで、フナムシを制作しているのですが、「なかなかUPしねぇなぁ・・遊んでばっかいやがるのか?」・・とんでもない!!毎日せこせこ制作してますよさ。演劇


ただ、こうも関節が多いと微調整に半端無く時間がかかるので、あ〜でもない こ〜でもないといじくりまわす毎日です。


フナムシ制作


これに脚がわんさか付きます♪ 考えただけでヤバげですよね〜
あ〜楽しみ



先日 花影抄にて展示中の作家の守亜さんとペットの話になったので、久しぶりに水槽の写真を撮ってみましたかわいい

web-IMG_2052.jpg

学生時代は周りに水槽にハマってる友人もたくさんいたんですが、気づけばアタシ一人になってましたね〜〜アクアリスト

posted by ハルヲ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月09日

生霊見ましたね こりゃ



と言うわけで今回は季節はずれなお化けの話モバQモバQ


「霊感強い」なんてのは基本的に信じてないので、あたし自身そういう風には言わないようにしてるのですが、お化けは正直チョイチョイ見ます。

その中で特にはっきり見えて話しがいのあるモノを酒のつまみとか程度に話して楽しんでるんですねかわいい


で、、今回の生霊騒動


アトリエを夜12時に戸締りしてバイクで発進・・・ちょっと行った所で右折をした瞬間に坂の下から人影が・・・

なんと中本!!(アトリエを一緒に借りている大学の後輩)


おっと!!と思い左に避けながら急ブレーキ


んで前を見たら何もいなかったんですねぇ〜

猫背で地面を見ながら歩き、髪ボサボサだったんですが確かに中本
でした。


ひぃ!!って思いながらも良く考えたら生霊っつっても中本じゃんぴかぴか(新しい)

、、、、意識だけがアトリエにエスキースしに来たのかしら??  なんて冷静に思いますモバQ


あ  フナムシの写真撮りそびれた・・かわいい
posted by ハルヲ at 01:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月07日

フナムシ制作01

101007_174210.jpg


というわけで、涼しくなってきたので「生もの」なフナムシを制作開始しました。

夏の間に海にて捕まえたモチーフですが、アトリエが暑い間は、作ってる間に腐臭がしてきたらデンジャラスなので、涼しくなってきた今が作り時♪

作り方がいつもと違い材料を先に切り出してから打ち出しをしなきゃいけないので、ちょいと苦労しています(普段の昆虫とかは銅板を打ち出してから形に切り出すので、作業順序が逆)

写真ではわからないが、今の時点ですごいのができる予感♪

ちなみにモチーフから磯の香り?がフワッと漂ってます苦
posted by ハルヲ at 18:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月02日

安藤製靴 ZU 購入♪


と、いうわけで自分へのご褒美を買いました♪

安藤製靴  ZUと言うブーツですくつ

安藤製靴 zU.jpg


アタシ自身、ブーツが超大好き!たまりません!!ってほど好きなわけではないのですが、記念になりソコソコ高価で買うだけで終わらない物ってなった時に、時計かブーツしか思いつかなかったので。(記念にPS3っていうのも何かアレなんで・・)

だってブーツって重いじゃん?ぶっっちゃけ使いずらいじゃん?足疲れるじゃん?

あたしは効率至上主義なんで、スニーカーの方が絶対靴としては優秀だと思ってます。

じゃあ何で買ったの?って   ・・・まあソレはソレごにょごにょ


煙草がついに値上がりしました・・シャイセですがしょうがない。

巷では、これを機会に禁煙なんて声も上がってますが禁煙。しゃらくせえぇぇ〜!!

と言うか、禁煙するならもうちょっと前向きな理由で禁煙したいものですな。喫煙


Twitterでもつぶやきましたが、

宮部みゆきの「龍は眠る」という本に出てくるヘビースモーカーの同僚が、煙草を吸い続ける言い訳に言ったセリフに

「俺の親父は煙草も酒もやらずに早くに死んだ。俺はその供養に煙を焚き続けているんだ」

的なセリフがあるんですが、すばらしい!!なんという言い訳ぴかぴか(新しい)

いや  感銘をうけまして


「モチーフとして殺した昆虫の供養のために煙を焚き続けるのさ♪」




・・・どないでっしゃろ?



posted by ハルヲ at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月28日

エゾカタビロオサムシ作成

100928_175844.jpg


というわけで、久々の制作ブログ。

ちゃんと作ってましたよーダラダラしていただけじゃございません。

新作は久しぶり。といっても一ヶ月半ぶりなだけ、三越での展示の後、お客さんの元に行った作品達が壊れたり何だりでその修理なんかに時間がかかっていたわけですな。

もっとどんどん壊してくださって結構です。桐箱に閉まったまんまではなく、手にとって子供のようにいじっていただいた方が作者としては嬉しいのでございます♪


今回の作品はエゾカタビロオサムシ!!名前の通り肩の広さが特徴の美しい昆虫です。日本にはオサムシの仲間は山ほどおりますので全種類作るのはいつになるやら・・・
posted by ハルヲ at 18:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月19日

ニホンザリガニ  飼育開始



来年の展示に向けてザリガニを制作します。

まぁなんでモチーフにザリガニを選んだのかは追々分かる事ですので今回は省きます。


まずモチーフゲットのため近くの熱帯魚やさんへ。
注文してから2週間ほどで「入荷いたしました。」との連絡をもらいさっそく引き取りに。


・・・・・・・。



ニホンザリガニ


小っさ!!!! 2cm


「飼育するわけではないので、なるべく大きい個体をお願いします。」

って言ったじゃない!!

・・なんてクレームはつけれないので仕方なく、作れる大きさになるまで飼育する事にしました。めざせ5cm!!


ザリガニ飼育は学生時代に外産ザリガニ(ヤビーやイリアンジャヤ・レッド。レッドクロー)の飼育にどっぷりハマって、ブリーディングもしていたので正直自信はありますが。。それでも絶対に手を出さないと決めていたのが、このニホンザリガニです。


なぜなら冷水系だから。ここまで言ってもピンとこないアクアリウム素人の皆さんへ説明すると。
生き物を飼うにあたって、温度を上げるっていうのは、ヒーターなどを使って簡単に解決できるのですが、温度を上げちゃダメってなると極端に難易度が上がります。
これは魚だけではなく、鳥やら爬虫類やら犬猫まで、共通することなので、生き物を飼うにあたり、「高温が苦手な生き物」には気をつけましょう。


なので、日本の固有種と言えども、ニホンザリガニを関東で飼うのは非常に難しいのであります。

ちなみに子供の頃に小さな赤くないザリガニをニホンザリガニとよんでいる子がいたりしましたが、すべてアメリカザリガニです。こんなところにニホンザリガニは居りません。


ですが、嘆いていてもしょうがないので早速セッティング。使って無かった45水槽を立ち上げ、我が家の水槽は4台になりました。


とりあえず気温よ下がっておくれ。



posted by ハルヲ at 22:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月17日

上海にて



はい、まず上海での失敗・・・いい気分(温泉)

1.ホテルでPCが使えたのに持っていかなかった。

2.携帯の充電器忘れた(使わないとふんで持っていかなかった)

3.ホテルの部屋に時計が無くて、時間の一切分からない生活を何日か送る羽目に・・よく朝起きれたと今でも思う

4・チキンすぎて接客が一切無理

5.鞄の奥に潜んでいたヤットコを空港で没収される。(凡ミス)

6.ギャラリーのスタッフの方に借りた時計を日本に帰ってきて返す時、素で返したら、常識が無いと怒られた。(確かにその通りでしたスミマセンモバQ

7.両替しすぎて、手数料?などで1万円位どこかに消えた



こんなところです。皆様参考にして?気をつけましょう〜



んで向こうでの生活はと言うと・・

web-IMG_2013.jpg


パーティー


web-IMG_1997.jpg


パーティー


web-IMG_2019.jpg


パーティー


でした。  おかげでおいしいご飯にはありつけましたが気疲れはしますよね。


最後に・・・一番中国っぽい写真をば



web-IMG_2000.jpg


そこら中の木にたくさんくっついていて、夜になるとカラフルに光りますかわいい


posted by ハルヲ at 12:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月13日

ShContemporary 10



ただいマンモスすいか人間!!←満田家のただいまの挨拶



というわけで上海にお呼ばれしてきました♪


ShContemporary

会場の建物はこんなで、アメリカのナントカって大統領だか何だかが、何かのお祝いにプレゼントしてくれたって由緒正しい建物だそうですが、さすが中国、あんまり大事にしてなさそうですた・・


んで会場。


ShContemporary 10会場


左下の台と柱がアタシの場所です。ここはディスカバリーズの会場ですが、この他にギャラリーのブースが山ほどある感じです。ちなみにディスカバリーズとギャラリーブース合わせて一番小さな作品だったと思いますモバQ

右の掛け軸がチンポム。真ん中のおじちゃんの写真が金川君。後ろの方に頭だけ見える風船のモジャモジャも有名な作家だそうです。アタシの上の映像と絵がAKI?ギャラリーのナントカって作家で、この作品が死ぬほど耳に残りして、上海で一番印象に残るのはこの作品の音楽な気もします苦





今思うと、かなり凄い事だったようで恐縮の限りです。今回の旅は片岡さん(森美術館シニアキュレーター)さんと仲良くなれたのが一番うれしかったす。
すーーーごい気さくで仕事超できそうな方でした。一日中小僧どもの相手をしてくださり、美術館やらオープニングパーティーやらに連れてってくれて、いろんな方に紹介してくださいました。本当にありがとうございました。


とりあえず今回は展示風景の日記と言う事で〜疲れたんでこの辺で


次回は上海旅行(ほとんど観光してませんが)をお送りしまんす



posted by ハルヲ at 21:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月06日

いざ上海〜


というわけで


ではでは明日の昼から上海に行ってまいります。

なぁんか荷物がすっかすかなんですが・・。まぁパスポートあればなんとかなるでしょかわいい

というわけで、ミクシーとツイッターの方も明日の昼から止まりますので、「んだこいつ反応ねぇなぁ」とか「シカトかこら」とか思わないでくださいね〜

帰ってきたらめっちゃ制作する予定(予定)なのでビックリしますよーーーこれ


あと

先日、駒込にて道端で急に鼻血が大量に出たのですが、その要因が殺虫剤な気がしてきた今日この頃です。

はい、満田晴穂にはゴキジェットが効きます!!

  「満田晴穂」  雄

体力・・20
筋力・・10
器用さ・100
敏捷度・40
防御力・20



弱点・・・毒


でした  
posted by ハルヲ at 21:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記