2011年08月19日

むしぶちさん宅へ


っと言うわけで、以前からツイッターで知り合いだった昆虫友達(?)のむしぶちさんとお会いしました。

むしぶちさんは造形屋さんですね、造形屋というのは主にフィギアとかの原型を作る人のことです。

詳しくはむしぶちさんのブログへhttp://alches.blog.shinobi.jp/


んで、守谷の昆虫採集ポイントを教えてもらいつつ(大雨)作業場へ

110819_181807.jpg

勝手なイメージだとパテとかプラバンとかを黙々とヤスリで削って作るのかと思いきや、パソコンを使って3Dデータを作ったものを積層プリントだとか3D切削だとかでなんだか超ハイテクw
説明受けたけてCGとか弄らせていただきましたがアナログなアタシにはチンプンカンプンですなあははは。


んで作品。大きさは20cm位あります

守谷のジョイフル本田で見かけたことある人もいるかも

110819_181921.jpg


これからも昆虫について色々と教わることになりそうです♪

posted by ハルヲ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月04日

宗好作ミヤマクワガタ修理


というわけで 知り合いの自在置物コレクターさんから依頼を受けた「宗好」作のミヤマクワガタを修理しました

後ろ足の符節が取れて紛失してたので、パーツを新しく作って取り付けるってことなんですが

注・・ あ  日記に書くことは先方にもキチンと伝えて了承ずみです勿論いい気分(温泉)



とりあえず観察から・・

110719_154102.jpg

写真で見るように、まず銀なのは間違いないですね、925だと思います。強度的にも

接続部分を見ると黒い跡が見えます。これは半田ですね〜接着は。
なまんないようにと言う配慮っすね

あと、符節の先のかぎ爪はどうやら切り鏨で割った痕がありますので、今回は先人の技術でやってみようと思います。
(やった結果・・糸鋸の方が効率が良い気がするんですがね・・・う〜ん、何か別の理由があるのか)

110719_155138.jpg


んで後は削り出して形にしていくんですが、まぁそこはプロなんでサクサクっと。

ただここで問題が。  自分的には絶対カッチリ作る所が意外とユルく作られているんで、他の脚とデザイン的にもクオリティ的にも合わせるっていうのがなかなか難しかったです。  修理や復元の難しい所だと思います。勉強になりました。




ん〜でそそいっと完成るんるん
110804_160244.jpg


先人の仕事に触れるってのも面白かったですかわいい

posted by ハルヲ at 23:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月02日

世界一


と言うわけで、京都アートフェアに行った時に増田さんに開口一番

「満田さんてコーラ好きなんですよねぇ?  世界一美味い高級コーラ知ってます?」



世界一美味いコーラ・・・なんて甘美な響きでしょう、気になって夜も眠れませんね〜

ちなみにアタクシたしかにコーラ大好きです。ビールなんかより俄然好きです。

汗だくで炎天下ヘトヘトになり冷蔵庫あけてビールとコーラがあったら迷わずコーラを手に取ります。

もしビール持ってたらそれは周りの目を気にして背伸びしてるだけですね。優しく見守ってあげてください。モバQ



んでコーラへの熱い思いも伝わったところでドドン!!

110801_203943.jpg


世界一美味いコーラ  キュリオスティーコーラ!!!

左のサイケな缶は「世界一不味いコーラ」と名高い(?)メッコールです。


「生」を知るには「死」を知らなくてはいけない。

「常規」を知るには「凶行」を知らなくては〜〜・・・

ってことで、世界一不味いコーラも知っておかなきゃですよね〜かわいい



感想ですが・・

「キュリオスティーコーラ」
ノスタルジックな優しい味にジンジャースパイスが効いた味でしたねぇ〜〜(パッケージに書いてありました)

確かに美味いす、ジンジャーほのかに効いてシッカリ作ってます!って感じです。ちょいと高いですがね


「メッコーラ」
とりあえず大韓民国産です。まったく新しいタイプの健康飲料です(裏に書いてありました)健康飲料!!??

不味いです。気持ち悪くて途中で飲めませんでしたww。  味の種類的には麦茶に砂糖と炭酸混ぜれば完成しそうですね。

残したビールっぽい後味です。



ぜひ見かけたら手に取ってみてください。ビックリする味でした〜



posted by ハルヲ at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月20日

GO!GO!江ノ島ぁ!


ごぶさたです

と言うわけで三連休を使って江ノ島水族館に行ってきました。

ロッテのガムのCMの所ですよね〜
110717_123838.jpg


何しに来たかと言うと、そうです、一部の海洋生物ファンに絶大な人気を誇っている「ダイオウグソクムシ」に会いに来たのです。

ダイオウグソクムシと言えば、簡単に言うと深海に住んでいるダンゴムシの親分で、体長はなんと最大50p!!!

どうやら日本近海にはいないようで、小型版の「オオグソクムシ」(最大15p)は日本近海にいるようです。
110717_124956-1.jpg


上の写真がオオグソクムシ。んで下のがダイオウグソクムシですかわいい

110717_124627.jpg



両方とも赤いライトなのはおそらく深海の生物なので赤外線で飼育してるんだと思います。


それにしてもたまらないお姿ですねるんるん
『大王』の貫禄十分です


さて・・・モチーフとしてはどこで手に入れれば良いのでしょうかね・・  

夢は膨らむばかりです♪♪



posted by ハルヲ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月25日

ツノゼミ


って訳で、ツノゼミの制作に入ったわけではありません。 題名で期待した方申し訳ないですかわいい


・・というも「ツノゼミ」の制作依頼と言うのがとてつもなく多いので・・

ちなみに一位ダンゴムシ・二位ハンミョウ・三位ツノゼミって感じで

すべて作るには小さすぎるのです。  その辺が解決しましたら期待にこたえられるのですが・・・。


今回のお話は〜

51xTHTjTS+L._SS500_.jpg


先日、幻冬舎さんから発売された「ツノゼミ」の専門写真集の紹介です。

というのも、メール等でご助言いただいた方から頂きまして。

読んでみてビックリ。ただ小さなツノゼミをアップの写真で紹介しているのではなくて、昆虫好きの目線で一匹ずつ特徴を説明していて、ものすごいかわいい作りの本なのです。
文章とかも本当にかわいいですいい気分(温泉)



ツノゼミ好きの方はもちろん、そうでない方もこの本で、ぜひ昆虫の造形の不思議に触れてみてください♪

posted by ハルヲ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月19日

映画について



というわけで、久々ブログです すみません呟いてばかりいました・・モバQ

青山スパイラルでの展示も終わり、レントゲンでの「掌」も来週いっぱいです。お時間ありましたらぜひぜひ。


んで
ブラックスワン見ましたかわいい

ブラックスワン



面白かったです。そしてちょいと怖いです。

なんか「アレ」とか「アレ」に似てる気もしますが(ネタばれになるとダメなんで名前は伏せます)素晴らしいです♪


ん〜で思ったのですが、と言うか前々からの持論なんですが、映画やドラマは俳優だとか知らない方が絶対楽しく見れます。

アタシは子供のころから芸能界とかまっっったく興味が無かったため、二十歳の時点で女優は広末しか知りませんでした。なので当然外国の俳優なんかも知ってる筈がなく、今考えてもあの頃の方が映画やドラマを「物語」として静かにその世界に入れていた気がします。


たとえば「呪怨」(怖いですよね〜モバQ

昔からホラー映画が大好きで、この映画もビクビクしながら見たもので、あの世界でとても楽しめました。

しかし女優とかちょっと知るようになってから見たら「オキナメグミかわいい〜とかイトウミサキかわいい〜」なんてどっかで思って、すんなり呪怨世界に入れない自分がいます。

ブラックスワンでも例外なく、「ナタリーすげ〜」とか「カッセル兄さんは最高!」とかやっぱり心のどっかにあるんですよね。


確かに、俳優知ってたり、監督がど〜のとか音楽がダレだとか文脈がど〜だ背景がど〜だとかって遊び方ってのはあり、それ自体は否定しないし、ソレは映画でも音楽でもアートでも同じなんですが、・・・・・ん〜〜


それ純粋に楽しんでる??


まぁいいや・・何も知らなかったころと比べて、ちょっと損した気分な満田晴穂でした〜

posted by ハルヲ at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月29日

展示の案内


というわけで
六月頭にグループ店を二つします。以下詳細〜


「掌(たなごころ)10」

Tanagokoro10.jpg

■会期:2011年6月3日(金) -25日(土) 日月祝日定休
■会場:ラディウムーレントゲンヴェルケ
    東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17  03-3662-2666
■URL: http://www.roentgenwerke.com/
■時間:12:00-20:00(6月より営業時間を変更します)
■オープニングパーティ:初日19時より
■出展作家(予定):
 青木克世/ あるがせいじ/ 石川結介/ 忽那光一郎/ 桑島秀樹/ 佐藤好彦/ 清水遼太郎
 長塚秀人/ 長谷川ちか子/ 満田晴穂/ 児玉香織/ 内海聖史/ 春山憲太郎

東京日本橋の古美術商の名店、瀬津雅陶堂の創始者、故瀬津巌氏が芸術新潮誌上で長く連載され、後に美しい本となったエッセイ集「掌の美」(1996、新潮社、絶版)がこの展覧会「掌TANAGOKORO」の発想の発端です。
恐らくは世界で唯一手の上で美術作品を玩ぶ民族である我々日本人。その特別な感覚を現代美術に投影し、作家の精神とコンセプトを凝縮しようとする試み、「掌(たなごころ)」展は、97年3月、青山レントゲンクンストラウムでスタートしました。その後レントゲンのスタンダードなグループ展として親しまれ、愈々10回目を迎えます。
今回は「掌」としては少々大きめですが、「レントゲン」の20周年にちなみ、20x20x20cm以内に封じ込められた作家のエネルギーをお楽しみ頂きます。






「手練〜巧術其之貳」(てだれ〜こうじゅつそのに)

exh20110513010.jpg


■会期:2011年6月7日(火)-12日(日)
■会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
    東京都港区南青山5-6-23  03-3498-1171
    http://www.spiral.co.jp/
■時間:11:00--20:00
■入場無料
■プレビュー/オープニングレセプション:6月6日午後6時より
■キュレーター:池内務(株式会社レントゲンヴェルケ代表取締役)
■出展予定作家:
 青木克世/ 伊藤航**/ 石川結介/ あるがせいじ/ 桑島秀樹/ 児玉香織/ 佐藤好彦/
 清水遼太朗/ 杉山卓郎***/ 諏訪敦* /龍口経太*/ 妻木良三/ 高田安規子・政子/
 平林貴宏*/ 古井智/ 満田晴穂/ 山本タカト*
■主催・企画制作:株式会社レントゲンヴェルケ
■会場協力:株式会社ワコールアートセンター
■出展作家協力:ギャラリー小暮*/ 幕内政治(ex-chamber museum)**/ YODギャラリー***



どちらもよろしくです。

OPにはいるはずです演劇
posted by ハルヲ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月28日

京都、松山、弾丸ツアー



ちょっと前になりますが、京都と松山に行ってきました。

行く2〜3日前にアート友達の松枝氏から連絡が来て、京都と松山に二泊三日で車でいかねぇ〜?っとお誘いがあったので、二つ返事で行くと言ったは良いのですが、

「って言うか松山ってどこかしら?」と調べてみると・・「四国!!?」

車で??

ヘビーな予感はしつつも、行ってまいりました〜車(セダン)

駆け足で・・

大阪〜松枝氏がどうしても食べたいと、たこ焼きと焼きそば、他にうどんも食べました。

たこ焼きと焼きそば


んで、アタシ的メインの京都アートフェア♪(ホテルアートフェアは初めてです)

アートフェア京都

ここに今回自分も出させていただいてるんですが、いきなり行って池内さん(ギャラリーのオーナー)を脅かすのがアタシ的に今回の旅の目的。

ちなみに廊下でバッタリ会って失敗に終わりました・・・ゲフン!!


んで瀬戸大橋!!  ぱねーっす!!

瀬戸大橋


んで松山〜  松本は取材に来ただけのようで、松山に何があるかも全く下調べしませんでした。。
偶然京都で「松山には千と千尋の湯屋がある」との情報をいただいたのでその情報を元に来ました!!道後温泉〜いい気分(温泉)

すげー外観ですん
道後温泉

すげーすげー騒いで入りました♪


んで帰りは少々遠回りしてさぬきに寄りさぬきうどん食いました。

さぬきうどん
ぶっちゃけ東京で食べるさぬきうどんと大差無いですた・・・


でラスト海老名でラーメン食べて撤収!!

帰りは松山から950キロの凄まじい距離でした
全部松枝氏が運転してましたがね・・・うふふふふふ

posted by ハルヲ at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月13日

心霊現象的事件+ノコギリクワガタ制作



ってわけでノコギリクワガタの小顎タイプを作ってます。


ノコギリクワガタには、
皆さんが良く知っている顎が湾曲して立派なタイプのノコギリクワガタと、短くてまっすぐな顎を持つ体も小さめな小顎タイプがいます。
立派な顎をもつタイプは「水牛」なんて呼ばれてちびっこのアイドルなのに対して、この小顎タイプは、せっかく捕まえても何か外れ感が強かったことでしょう。

今回制作しているのはこの小顎タイプで、大人になって改めて観察すると、なんと素敵なフォルム!!  これがノコギリクワガタじゃなくて、全く違う種類のクワガタだったら絶対人気があるはず。
まず、大型個体は、ライバルがカブトムシで、カブトムシとやり合う為の顎の形なのに対し、小顎タイプは体も小さいし、はなっからやり合う気なんて無い!それよりいかに下に潜れるかっていう姿勢がたまらなく萌えです。
ノコギリクワガタ 小顎タイプ


んで、心霊現象があった話ですが。

あの日は、夜中の三時に実家のベットで横になりながら「もやしもん」を読んでました

ほのかに夜空も白んできて新聞配達のカブがブーーンと遠くから聞こえてくる。

そして階段を下る音、新聞受けに新聞が入れられ。

「もうそんな時間かぁ。そろそろ寝よう」と電気を消そうとした瞬間、ふと伸ばした手が止まる。


コン・・コン・・・コン・・・・

何かをノックする音が聞こえた。

コン・・コン・・

新聞屋かな?とふと頭をよぎるが、新聞屋さんがもし仮に用事があったらインターホンを使うはず。

空き巣??と思い、大きく咳払いをしてみるもリアクション無くノックだけが帰ってくる。

恐る恐る玄関に行くと、誰もいない。

音はかなり大きく響いており、音の出どころもドアでないことに気がついた。

ちなみに、うちの玄関は右手に靴箱があり、その上に亀と魚が入っている水槽がある、その上には麦わら帽子や折り紙なんかが張っつけてあるんですが。どうやらノックは靴箱の奥の方から聞こえてきているようで、

靴箱の中の何者かが「ここからだせぇ〜」と叩いているのが脳裏によぎる。このままで扉をかきむしるような音がしてきたら・・と心臓が高鳴る。

靴箱を開けた瞬間何者かが飛び出してきたらアウトだななんて思いながらへっぴり腰で扉を開ける・・・


何もいない・・・革靴のにおいが鼻腔につく

奥も恐る恐る覗き込む。。。ここでふと音の出どころが靴箱じゃないことに気がついた。



どうやらノック音は壁からしているようだ。そしてこの壁の向こうは洗面所だが、洗面所と玄関の壁の間には空間がある・・。


その間もコン・・・・コン・・・という音は聞こえる


ふと壁と水槽の間に目をやる・・・






亀が脱走して挟まってもがいてました〜〜モバQ


ちゃんちゃん♪

posted by ハルヲ at 15:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月06日

ニホンザリガニ制作<腰曲がりました>



ということで、京都に行ってきました。夜行バス+1泊2日

何をしに行ったかと言うと、

京都に住んでらっしゃる自在置物の師匠様に、地震後の挨拶とイセエビの高瀬好山系のギミックについて再度習いに行ってまいりました。

本当は三カ月ほど京都にこもってイセエビを始めから習って、キチンと習得した後にザリガニを制作したかったのですが、こればっかは展示の都合しょうがないっすす




んで、帰ってきてさっそく詰まっていた腰の個所をチョチョイっと・・・・・・・ぴかぴか(新しい)


綺麗に曲がりません・・・

ですよねぇ〜モバQ

そんな一朝一夕でマスター出来るほど甘い筈もなく悪戦苦闘し


ニホンザリガニ 制作


ジャジャーンるんるん

なんとかここまで出来ました。

習いに行ってよかった あぶないあぶない



あと
前に、村上隆「芸術闘争論」読んで、現代アートとかちょっと解って来ちゃったんじゃないのこれ?

なんて思って今月の美術手帳←(現代アート丸わかり的な特集)読んで前より理解できると思ったら。。。

やっぱりチンプンカンプンでした〜眼鏡

難しぃぃいよこれ〜何これ日本語??眠く・・・な・・・・ぅ
posted by ハルヲ at 00:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月28日

アートプラザ大賞受賞者招待展


というわけで、展示の案内です。



「藝大アートプラザ大賞受賞者招待展」

期間:2011年5月11日(水)〜5月29日(日)

開場時間:AM10:00〜18:00  月曜定休日

会場:藝大アートプラザ(東京藝術大学上野校地美術学部敷地内)



学生時代に応募した「藝大アートプラザ大賞展」での過去五年間の受賞者を集めてのグループ展です。
過去の受賞者が後々どのような活動をしているのか、またどのように作品が変化したのかを見られる展示ですね〜(アチシはあんまり作風は変わってませんが・・腕は上がりました)

思えば自分が学生時に初めて色んなモノに評価をしてもらった展示ですので。ぜひぜひ大人になった満田晴穂を見てもらおうと思います。

お時間ありましたらお越しくださいませ。

藝大アートプラザHP・・http://www.geidai.ac.jp/facilities/artplaza.html


おまけ・・

110223_124758.jpg


国道六号沿い松戸付近にあるマックのドライブスルー出口にいるドナルドはかなり怖いです。

なぜか頭はぬれ髪でぺたっとしており、視線も今朝何かあったのかアンニュイの奥に怒りを潜めた(?)目でこちらを睨んでます。

振り上げた手は頭に落とされたら頭が肩の位置までメリ込みそうですパンチ


近くを通ったら見てみてください。

でわ〜モバQ
posted by ハルヲ at 02:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月15日

ニホンザリガニ制作と芸術闘争論

110414_214415.jpg



ということで、ハサミがあらかた出来ました。このあたりもロブスター作っていたんで要領は一緒です。問題は腕との可動部分で、ちょいと頭使いそうな予感。


村上隆の「芸術闘争論」読み終わりました。


信者では無いので全部鵜呑みにするわけじゃないんですが、不勉強な自分にとってはとても勉強になる本でした。

この本の(人の)凄いところは、とても読みやすい所です。
こういう知識人て難しい専門用語を羅列して何言ってるかわかんなくする人が多い中、素人でも理解できるよう優しく専門用語を極力減らして書いてくれてます。これはなかなか難しいことだと思います。

あと思ったことは、村上隆という人間は
・「自分は海外で成功した!日本人は遅れている。だから理解できない。そんな奴らに理解されなくても良い!!」
て孤軍奮闘してる人間なイメージがあったんですが、全く違くて、

理解されたい。評価されたい。孤独は嫌
と、自分の弱みをさらけ出せる人なんだなぁと読んで出つくづく思います。そんな一面を見れる本でもあります。

これももし戦略で出来るならさぞや異性にモテることでしょうw



気になったところはちょいちょいありますが、まず本の下二割がずっと空白な所と

あとアタシ的には、最後の日本画云々の所で、
彼は日本画界を忌み嫌ってますが、それを一くくりに「日本画は終わってる」と書くのは如何か・・・

世間的には若冲も日本画なんだと思うんですけど・・・。

まずこのアート(?)の世界はカテゴリーと言葉の統一が出来てないので、誰かサッサと決めてほしいところです。


「鰹削り節」と「鰹節削り節」みたいな

わかりにくいっちゅうねん
posted by ハルヲ at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月08日

ニホンザリガニ制作



というわけでフナムシの方は「例のブツ」待ちでするんるんぐふふふふ


なのでこいつは置いといて、ニホンザリガニの制作に入ります。

まずは採寸・・・

110407_154442.jpg

このエスキースがかっこいいって話をよく聞きます。あざっす

地金の取り方をちゃんと勉強してこなかったのが今更に悔やまれます。
大学時代に鍛金に習いに行けばよかったなぁ〜

某生徒が助手に「地金取りどうやってんすか?」って聞いたら「秘密!」って言われて激怒してたのを今ふと思い出しました。。

んでザックリ形に〜かわいい

110407_203926.jpg


学部の卒業制作でオマールエビ作ってたんで、ノウハウがかなり役に立ってます。

ウンチク・・・
オマールエビはザリガニの仲間で、イセエビなんかより断然近い種類でんす。
posted by ハルヲ at 13:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月29日

親友結婚式

110326_200547.jpg


というわけで小学校一年生からの付き合いで、アタシが美術の道に入るきっかけになった友人の結婚式に行ってきました〜。 ついでに友人代表スピーチ(グズグズ)も勤めてきました。

「なんで美術の道に?」 なんてよく聞かれますが、高三の冬に彼に

「晴穂〜。絵の道とか進む気無い??」

って電話で誘われ、即答で「別に良いよ」と答えたからです。



なにしろその頃の自分は将来なんて、なーんも考えてなかったですからね〜
まぁいいか、そういや昔絵とか得意だったし。くらいの覚悟でした苦



あ 写真はビンゴ(?)のシークレット景品、新郎の遺影を当てた友人です。


因みにアタシは、金属製の大きいお茶点てるヤツみたいなので、頭に被るとゾクッとするグッツが当たりました。

ちなみに結婚式のビンゴでこの賞品を当てるのは二個目です。(まさにネ申のごとき引きの強さ!)
posted by ハルヲ at 13:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月20日

地震と、もしドラと


地震がありました。アタシは元気です。



心配して下さった方々ありがとうございます眼鏡

地震の最中は丁度ヨーカドーにいて、揺れる棚の中で三温糖やらクルミやら買い、揺れながらクッキー焼く余裕すらありました。


世の中は「不謹慎」て言葉が飛びまわってますが・・なんだかなぁモバQ

まぁその辺の話は他の人たちが散々あーでもない、こーでもないと盛り上がってるのでココでは書きませんすす。


んで本題・・・



untitled.bmp

ちょっと前に流行った「もしドラ」こと「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読み終わりましたぴかぴか(新しい)

簡単に本の説明をすると、題名の通り高校野球のマネージャーが勘違いでドラッカーの『マネジメント』を購入、その本に従って野球部をマネジメントして甲子園を目指していくお話です。


本のコンセプトとしては、ドラッカーの『マネジメント』は難しいので読めないから、例えを交えつつ要点をまとめて、一般の人(恐らく最初はオタクがターゲット)に『マネジメント』を読んだ気にさせるための本です。

なのでアタシも『マネジメント』を読破したという事になりますな!!

これでアタシもいつでも起業出来ちゃいますモバQ




んで思ったのですが、世の中にある成功者の本だとか(我々芸術家で言うなら村上隆の『芸術起業論』や『アートマネジメント』など)。書いてある事は『マネジメント』とまったく一緒な気がします。

まぁ『芸術起業論』は起業論って書いてある通り、マネジメントの話なので内容は専門書の『マネジメント』と一緒なのは当然なんですが、一般に「お金と関係無い!!」なんて言われているアートの分野において、起業と一緒だよ〜って書いた本ですね

未だに、「アートはお金と関係無い!!」なんて方は斜に構えず読んでおいてください。

んで、村上隆信者と言うか触発されすぎた方、または間違えて理解してる方は読み直してくださいな。


んで、頭で芸術する方(揶揄でも何でも無く) 作品がでは無くて、作家活動、攻め方に頭を使っている方は「もしドラ」を読みましょうかわいいここに起業については全部書いてあるので


因みにアタシはあんまり頭使ってアート活動はして無いのですが、「もしドラ」読んでフムフムと思う所は多々ありました。


なんて、珍しくアート風な話を書いてしまった満田晴穂でした♪
頭より手を動かします


萌ぇ〜〜
posted by ハルヲ at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月04日

フナムシ大量制作2

110304_195452.jpg


つわけで またまた池内さんの悪ふざけ←なんて事言ったら怒られちゃうか♪

でフナムシを大量に使うムフフな作品を制作中です。

前に蜂の大量系作品「塁塁」も好評でしたが、今回は更にキッツイ仕上がりになると思うのでお楽しみに。

で 写真は脚なんですが、これで全体の2/7で、正直かなりキッツイですw

これがまだまだあるかと思うと気が遠くなるですあはあはあはあははははは〜


気をしっかり持て〜アタシ

皆さんが驚く顔だけを楽しみに制作してます♪

誰かを落とし穴に引っ掛けるために、セッセと一人で穴を掘っている感覚に近いです〜がむばります
posted by ハルヲ at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

引っ越しそしてPS3




と言うわけで、この度西国分寺に引っ越しました。

と言ってもしばらくは、我孫子ー西国分寺間を行ったり来たりになります。

さっぱりわからない土地なので、何か楽しいものなどありましたら教えてくださいです

616eHrcX3SL.jpg


そして勢い余ってついにPS3買ってしまいました〜ふくろ

んで、買ったソフトが、今巷で話題の「キャサリン」です。

パッケージ的には18禁?って感じですがパズルゲームでゲーム  アダルティな恋愛「結婚がど〜の、浮気はど〜の、覚悟がど〜の」で修羅場な内容のバベルの塔(古ーいゲーム)です




ゲームばっかしてないで制作しますモバQ

posted by ハルヲ at 12:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月07日

フナムシ脚ロウ付け

110207_201622.jpg



何?この写真??て思いますよね。


今制作しているフナムシの脚の先っちょ×126本分です♪

そりゃこんなの作っていたら書くことないですよね。
ココ数週間、内職か町工場みたいになってました

そしてここからも当分こんな作業が続きます・・・きつい

みんな、アタクシは「繊細で物凄い集中力の持ち主」とお思いでしょうが、とんでもないです。「ガサツで落ち着きの無い」人間なので、同じ仕事を延々やるのがとてもシンドイでんす。まぁやりますが・・・



小学生のころは、通知表に毎回「落ち着きが無い」と書かれていて、ホントに毎回書かれたので、

子供だからみんな書かれているんだろうなぁ〜


なんて思ってましたが自分だけでした〜

てへ♪
posted by ハルヲ at 20:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月01日

東京芸大、卒展

2011013110500000_ed.jpg


というわけで、アタシはどこにいるでしょう?LV3




東京芸大の卒展(卒業制作展)に行ってきましたす


池内さん(お世話になっているギャラリーのオーナー)を案内しつつでしたが、あんなにちゃんと全部の作品を回ったのは実は初めてでした。

例年は、工芸彫刻をじっくりみて。デザ科、日本画をススッと、油画はヘトヘト
だったんですが。今年はかなりちゃんと全部見ました。


自分的には彫刻が良かったかなて思います。これから見に行く方は是非。



あ 写真はデザ科の友人の作品と、完全武装の作者です。近づきすぎて撃たれないように注意〜♪
posted by ハルヲ at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月23日

おもちゃの山

110123_152834.jpg


というわけで、31才のパーティーを友人達にしていただきました♪ 楽しかったですありがとです


見てお分かりの通り、31才にしてプレゼントがほぼオモチャでしたww(まぁ毎年のことなんですが)

紹介します。


手前から・・・
今流行りの「モンスターハンター(ハマってますw)」に出てくる猫ちゃんの磁石とメモパット


猫の右後ろ・・・
これまた「モンスターハンター(どっぷりハマってますw)」に出てくる一番キモいモンスターのフィギア(ここでこんな一番微妙なモンスターを当てちゃう引きの強さ!)


猫の左・・・
生首振り回したスキンのオッサンに見えますが彼はジェイソンですw
ジェイソンのリボルテック(竹谷隆之監修!?)


ジェイソンの後ろ・・・
おとなのマナートイレットペーパー・・・苦
はいはい 勉強しますよ


フリーザ様・・・
あたくしが敬愛する宇宙一強いお方


鉄砲・・・
なんとライター! しかもちゃんとスライドも引けてマガジンは灰皿になっているスグレモノ (グロックはそんなに好きではありませんww)


虫のシール・・・
実は前年も貰っているがバージョンアップしていたw特にイモムシ


フリーザ様の後ろ・・・
イモムシとロボットの形に氷が作れちゃうトレー(実は一番まともなプレゼントかも?)
メロンソーダで作る予定です♪


問題の白い塊・・・
小さく「エリンギ」と書いてありますが、そう、エリンギの苗床です。。シュールすぎでしょ!誕生日でエリンギの苗床は 立派に育てて見せますがね!!


エリンギにこうご期待w
posted by ハルヲ at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記