2015年04月09日

自在置物・鶉骨格制作開始

ッと言うことで
3月29日で藝大アートプラザで開催していた「アートプラザ大賞受賞者招待展2015」終了しました。お時間作って足を運んでいただきありがとうございました。
アートプラザ史上最高の売上げだったと言うことで、少しでも貢献出来て良かったです〜。
この展示を最後にアートプラザが長い休業に入るとのことで、この展示も今回が最後かもしれないので寂しいです。

ランチュウ 自在置物
展示に出していた自在置物「蘭鋳」の制作途中の写真です。口と鰭、全ての鱗が可動。SNSで動画を投稿したら凄い反響でした〜

そして最近の〜
ウズラ 骨格 
鶉(うずら)骨格を自在置物にしてみようと思います。
骨の自在に動く金工は正阿弥勝義の銀製のドクロがありますが、さてこれはどうなるでしょう〜
ウズラ 頭蓋骨

まだまだ手を入れなきゃなんですがこんな感じです〜
ウズラ 脚 骨格
ウズラ 脚 骨格

夏までに完成するのか。。
ではまた〜
posted by ハルヲ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/117993817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック